【南行徳】今月新たに2名の就職が決まりました! | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

【南行徳】今月新たに2名の就職が決まりました!

2021.10.26

皆様こんにちは!

アビリティーズジャスコ南行徳センターです。

今月は新たに2名の就職者が決まりましたのでご報告致します!!

■20代・男性

こちらの方は、特別支援学校在学中の

昨年の2月に当センターへ5日間の

体験実習を経て支援学校卒業後、

4月より通所開始となりました。

就労経験がないため、センターでは基本的なビジネスマナーやPC訓練、SSTなどのコミュニケーション訓練や午後の実地訓練等しっかり週5日間訓練にご参加頂きました。

性格はとても明るく、初めての人でも自分から話しかけられる方で、センター内のムードメーカーのような存在でした。

午後の実地訓練では、他の利用者様とコミュニケーションをとりながら、訓練を重ねていくうちに、時間内に正確にスピードを上げて行うことが出来るようになってきました。

そして5日間の企業実習を経て、このたびファストファッションブランドの軽作業の業務に就職が決まりました。

実習では、今までの訓練の成果を十分発揮出来たのではないかと思います。

初めての就労で慣れない点もあるかと思いますが、今後も安心して就労出来るよう支援させて頂きたいと思っております。

 

■40代・男性

こちらの方は、去年の暮れの12月にセンターの体験利用から開始し、約10ヶ月間通っていただきました。

精神疾患を患いながらも色々な職種を経験されていたこちらの方ですが、とても大きな心配事がありました。

それは「体調悪化時の対処」でした。

入所時のご本人の課題は、「自分から疲労/体調悪化のサインを感じ、支援員に伝えること」でした。

とても真面目な性格で、何にでも精一杯取り組む姿勢のこちらの方は、過去にも「気がついたら体調を崩してしまっていた」というご経験をお持ちでした。

今回改めて就労移行を使い、ご本人に合った職場探しは元より、訓練や面談を通じての自己理解や障害受容の機会を重ねていただきました。

自分から何らかのサインを出すことは、容易なことではありません。

ご本人にとって体調の変化を「悪化」と判断することは、実はとても難しい事だったのです。

当センターでも利用者様の体調の変化に察知するため、改めて取り組み方を見直しました。

10ヶ月センターを利用していただく中で就職活動を経て、この度イオングループのディスカウントストアに就職が決まりました!

お仕事内容は、主に商品の品出しや簡単な清掃、お客様の初期対応などです。

こちらの企業の方針には、

「作業の簡素化を図り、お年寄りから外国の方、障害のある方誰もが作業がしやすい環境を作る」

という特徴があります。

職場見学と実習の機会を経てお店のご担当者様にも障害特性をよく理解していただき、人事の方にも体力に合わせた働き方を相談させて頂く機会を頂けました。

私達支援員にとっても、とても学ぶことが多くありました。

今後も職場定着支援でしっかりサポートさせて頂きます。

 

 

このように今回は同時期に2名の方の就労が決まりました!

コロナ禍で求人に影響が出た時期もありましたが、諦めずにお手伝いさせて頂きながらきっとご本人に合った就職が出来ると我々職員一同信じております。

就職を目指されている方でもしお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください!

—————————————————————————

見学・相談・体験は随時承っております。

お電話(0120-046-150または047-711-1017)

もしくはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

—————————————————————————

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ