【海老名】就労事例 Kさんの場合 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

【海老名】就労事例 Kさんの場合

2021.08.10

皆さま、こんにちは!

アビリティーズジャスコ海老名センターです!

 

K様が5月にB大学のパート職員として就労されました。

今までは、対面での面接が当たり前でしたが、コロナ禍と言う事もあり、オンライン面接を受けられました。

何度も面接練習を繰り返して臨んだこともあり、就労に結び付きました。ご本人の努力のたまものです。

面接練習を通してうまく出来なかったことを修正し、練習して、修正しての繰り返しご自身の気づきにもなられたようです。

お仕事は週5日・1日5時間の勤務をされています。一緒に働くパート職員に方にも恵まれ、ゆっくりとお仕事されていらっしゃいます。

新しく覚えることばかりで大変なご様子ですが、出来なかったことが出来るようになり、少しずつ自信をつけられてきています。

メンタルも強くなられているように思えます。K様に仕事は大きな自信を与えてくれたようです。

休憩時間は一緒に働く方々とコミュニケーションを図り、自ら馴染んでいこうとする姿が見受けられています。

食事の場所は、まるで軽井沢のような風景が広がるテラスで摂られるそうです。羨ましい限りです。

 

アビリティーズジャスコ海老名センターでは、随時説明会・見学会を実施しています。

ご希望の方は、是非ご相談ください。ご連絡お待ちしております。

―――――――――――――――――――――

お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または046-244-6150)

かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

―――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ