【海老名】就労事例 Nさんの場合(清掃・軽作業) | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

【海老名】就労事例 Nさんの場合(清掃・軽作業)

2021.08.17

皆さま、こんにちは!

アビリティーズジャスコ海老名センターです。

 

今回は6月に自動車メーカー(清掃・軽作業)に就労されたNさん(男性)のご紹介をします。

 

Nさんは高校3年生で海老名センターの体験実習を経験し、卒業後の令和2年4月から

通所を開始されました。

通所してまもなく緊急事態宣言が発令されたため在宅訓練となり、通所できない時期

からの不安なスタートでした。しかしこの経験からNさんの向き不向きがわかってきました。

彼は自宅で一人、課題に取り組むよりも、通所して人と会話し、実作業で体感しながら

物事を覚えていくことが向いていたのです。

在宅訓練期間が終わり通所再開となった時、一番喜んだのはNさんだったかもしれません。

その後、週5日通所して職場にふさわしい言葉遣いや、書類の書き方、パソコンスキル

などを訓練で練習されてきました。

やると決めたらちゃんとやる。就職活動ではそのスイッチを入れてやりとげました。

 

細かい作業が早くて丁寧。とても清潔好きなので掃除の職種を選ばれました。

入社式には保護者さまと支援員が同席し、良き職場の職員に迎えられて新たなスイッチが

入ったようです。元気に通勤されています。

これからもNさんを定着支援にて見守ってまいります。

 

———————————————————

お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または046-244-6150)

又はお問合せフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

——————————————————–

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ