【海老名】就労事例 Sさんの場合 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

【海老名】就労事例 Sさんの場合

2021.08.03

皆さま、こんにちは!

アビリティーズジャスコ海老名センターです!

 

Sさんは、4月から行政機関のパート職員として勤務されていらっしゃいます。

B市役所の実習体験を経て、応募されたい意欲が高まり面接を受けて、初めて仕事に就かれました。

当センターでは緊急事態宣言に伴い在宅訓練もあり、通所時間があまり確保できない中で、週4日/1日7.5時間の勤務が始まりました。

4月の週末はかなり体に堪えたようで、「ぐったりした」と話されていました。忙しく大変な思いをしながらも、

休むことなく勤怠も安定して通勤することが出来ていらっしゃいます。

忙しいと感じつつも反面、仕事は楽しいという言葉も聞かれます。

仕事では今までやったことのない事務補助も多く、慣れない作業に戸惑いながら、指導者の職員からアドバイスをもらいながら取り組まれています。

苦手だったカッターの扱いも、仕事を通して上手く扱えるようになりました。

就労から約3ヶ月が経過し、仕事に必要な体力もついてこられたようです。

これからも、新しいこと知らないことをどんどんと吸収していただき、社会人として成長していただけたらと思います。

                          

 

アビリティーズジャスコ海老名センターでは、随時説明会・見学会を実施しています。

ご希望の方は、是非ご相談ください。ご連絡お待ちしております。

―――――――――――――――――――――

お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または046-244-6150)

かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

―――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ