【武蔵境センター】5月の就労者は【2名】です | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

【武蔵境センター】5月の就労者は【2名】です

2021.06.18

皆さんこんにちは、アビリティーズジャスコ武蔵境センターです。

2021年5月の就労者の報告をいたします。

 

5月は武蔵境センターから2名の方が就労されました。

 

それぞれの方の就労事例を簡単にご紹介します。

 

一人目の方は、障害特性上、通勤範囲を絞った職場探しをおこないました。

通勤範囲が狭くなると、どうしても求人件数が少なくなります。

それでも、ご自身にマッチした仕事内容、勤務場所を支援員と根気強く探しました。

そして、ついに自分らしく働ける場所を見つけ出すことが出来ました。

当初は考えていなかった仕事内容でしたが、職場見学をしたことで興味を持つようになり、応募に至りました。

採用面接では、日頃から安定した通所を重ねた点や、持ち前の明るい性格を評価され、採用となりました。

 

 

 

二人目の方は、2週間の体験実習を経て応募企業を決めました。

実習の前に、企業・本人・アビリティーズジャスコで打ち合わせをおこない、

「頑張りすぎてしまうので、8割くらいの力で働きましょう」ということを、共通のテーマにして実習に取り組みました。

その結果、このペースなら長く働けそうだと理解し、応募することになりました。

採用後、企業からは「長く働いてほしいので、無理のないペースで働きましょう」と配慮をいただきながら働き始めています。

 

 

適性にマッチした職場や、安定して働ける条件は、人それぞれ違います。

一人で就職活動に行き詰ってしまう時は、ぜひ一度ご相談ください。

一緒に、あなたらしく働ける場所を探しましょう。

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ