木更津センターリワーク事例 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求

リワーク事例

当事業所を利用されている方の声木更津センターリワーク事例 Oさん(化学工場)

2017.12.05

male_L
アビリティーズジャスコを利用した経緯は何ですか

休職中、復職するにあたっての準備期間として、会社から勧められたのが利用したきっかけです。体験期間を通じて支援員の皆様の人柄の良さや、体調や相談事など親身になって接して頂けると感じましたので、本格的に利用していこうと決めました。

ご自身の障害についてお聞かせください。

適応障害です。

現在どのような仕事をされていますか?

化学工場にて、製造オペレーターとして仕事をしています。

リワーク支援で特に役立った訓練は何ですか?

リワーク支援で役に立った訓練は沢山ありますが、特にSSTは私自身気付かされることがありました。日頃年配の方や会社の先輩方の誘いや頼まれ事が断れないことでストレスを感じる所があったのですが、断っても周りの人はそれほど気にしていないと考えられるようになりました。もちろん言葉や言い方を選ばなければなりませんが、以前より周りの方々の顔色を窺わず本音で話すことで自分の心に引っ掛かるものを減らせ、ストレスが軽減できるということに気付かされました。

最後に復職を悩まれている方へ一言メッセージをお願いします。

私は物事を100%こなさなければ気が済まず、仕事においても自分の心に厳しくしながら勤めてきました。「~だから~しなければならない」という考えのもと、常日頃から行動し、自分の心に嘘をつき続けることで、気付けば何も出来ない状態になっていました。今、以前の私のように自分で自分を傷つけている人は沢山いるはずです。自分の心が窮屈になりそうな時、ふと立ち止まって一呼吸置き、「まあこのくらいで良いか」と自分を認めて下さい。少しは楽になるかもしれませんよ。

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ