木更津センター就労事例 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

当事業所を利用されている方の声木更津センター就労事例 R.Sさん(事務職)

2019.03.21

就労移行支援利用前から現在までの状況を簡単に教えてください。

前職を適応障害になって辞め、どうしようか悩んでいたら、病院の先生から就労支援施設の話を聞きました。その後通所を始めて、週5日通わせて頂きました。

アビリティーズジャスコを利用した経緯は何ですか?

市役所で障害者就労支援について尋ねた所、職員の方から「あなたなら今まで働いていたのだし、就労移行支援の方が良いだろう」という話をもらい、ちょうど同じ建物内にアビリティーズジャスコが入っているので見学してみてはどうかと勧められて見学したことがきっかけです。

就労移行支援事業所での思い出はありますか?

初めて参加したグループディスカッションで、初めてまともに話すことが出来て、他の人とも仲良くなれたことです。また、皆さんに親切にして頂けたことです。

入社した経緯は何ですか?

地域の中ポツセンターさんからの紹介で企業見学に行き、その場で実習の日程も決めて頂けました。実習で大きなミスもなく5日間働くことが出来たので、採用となりました。

現在どのような仕事に従事されていますか?

事務職(経理)です。

アビリティーズジャスコを利用し、仕事に活かせている事は何ですか?

ビジネスマナー(敬語)、事務訓練での計算等、パソコン訓練でのエクセルなどがとても活かせています。

今後の目標は何ですか?

正社員になること、休まずに仕事に通うことです。

最後に今現在就労を目指している方へ一言メッセージをお願いします。

焦ると何も良いことはありません。一つ一つこなしていけば必ずつかめるのではないかと思います。

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ