木更津センター就労事例 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

当事業所を利用されている方の声木更津センター就労事例 K.Sさん(農業)

2018.12.05

就労移行支援利用前から現在までの状況を簡単に教えてください。

学校を卒業後に、板にシールを貼る仕事や、清掃の仕事、メモ帳を作る工場などいくつかの仕事を経験しましたが、長く続かずに退職してしまいました。

アビリティーズジャスコを利用した経緯は何ですか?

退職後、市役所の方に相談をした所、アビリティーズジャスコを紹介されました。何日間か体験利用をしてみて、自分に合っていると思い通所を決めました。

就労移行支援事業所での思い出はありますか?

ビジネスマナー訓練か特に印象に残っています。仕事をする上で必要となる丁寧な言葉遣いなどをしっかりと身に付けることが出来ました。

入社した経緯は何ですか?

応募したい企業が見付かり、支援員から勧められてまずは実習に参加しました。作業内容や環境が自分に合っていると感じたので、実習後に面接を受け、12月からの採用が決まりました。

現在どのような仕事に従事されていますか?

農作業です。

アビリティーズジャスコを利用し、仕事に活かせている事は何ですか?

人と接する際の上手な話し方などのコミュニケーションスキルです。

今後の目標は何ですか?

今の職場で長く働き続けることです。

最後に今現在就労を目指している方へ一言メッセージをお願いします。

アビリティーズジャスコでのすべての訓練は、きっと仕事に役立ちます。

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ