稲毛海岸センター就労者の声 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • スクラム・優先調達

当事業所を利用されている方の声稲毛海岸センター就労者の声 イオンリテール株式会社 M.Nさん(販売業)

2018.05.02

就労移行利用前から現在までの状況を簡単に教えてください。

2002年に統合失調症で入院し、退院後は14年間デイケアで過ごしていました。回復期にはクリニックの食房で2年間短時間の仕事をしていました。2016年より一般就労を目指し、アビリティーズジャスコに通い2018年に就労が決まりました。

アビリティーズジャスコを利用した経緯は何ですか?

デイケアで就労を目指してみては?と提案を受け、アビリティーズジャスコと他事業所を見学し、イオン系の就労を目指したいと考えていたことから、アビリティーズジャスコに通うことを決めました。

就労移行支援事業所での思い出はありますか?

朝の掃除から日直、レジ訓練、電話応対のスキル、郵便仕分け訓練、ピッキング訓練から、レクリエーションやウォーキングなどすべてがいい思い出です。

入社した経緯は何ですか?

支援員からイオンリテール株式会社へマメにコンタクトを取ってもらい、現在働いている店舗と連絡調整して頂き、5日間の実習の後、入社試験・面接を経て入社しました。

現在どのような仕事に従事されていますか?

グロッサリーの飲料を中心に品出し陳列、接客などをしております。

アビリティーズジャスコを利用し、仕事に活かされている事は何ですか?

接客スキルやビジネスマナーなどで、お客さまに対する接客が身に着いていて、とても役に立っています。

今後の目標は何ですか?

飲料の部門でプロになることです。

最後に、今後就労を目指している方へメッセージをお願い致します。

朝の挨拶から掃除、日直など訓練以外(に見える作業)の所でも仕事につながるので、就労に繋がるという意識を持てば、いずれ仕事で役に立ちますので、意識を持って欲しいです。

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ