アビリティーズジャスコ南行徳センター利用者様の声 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求

当事業所を利用されている方の声アビリティーズジャスコ南行徳センター利用者様の声 T.Hさん

2017.08.23

当事業所の利用期間は?

平成29年3月~8月までです。

ご自身の障害についてお聞かせください。

①障害種別、障害程度は?

統合失調症(障害等級は3級です)

②発症時期は?(任意回答)

2012年3月3日です。

③現在の症状や状況は?

体調に不調をきたしていると、細かいものがピックアップされて見える症状に悩まされます。 その時は頓服を飲んで、約30分でおさまります。

障がいを背負った事での苦労や、その他感じた経験をお聞かせください。

発症当初は薬を飲むことが嫌で、栄養療法や怪しい宗教に騙されそうになり、この病気を根治しようと模索していた結果でした。

今は結婚して家庭を築いています。眠気やあくびが出ること、頻繁にお手洗いに行きたくなること(緊張しているとき) はありますが、ほとんどあってもつらいと思わなくなりました。

就労移行支援事業所で訓練することで感じる喜びや、やりがいについてお聞かせください。

支援員の方からほめられた時や、他の利用者さんから感謝されたとき、ビジネスマナーで勉強したことを復習したら覚えていたとき、 パソコン訓練で自分の作った作品をほめられた時、接客応対訓練でレジの操作を覚えられた時、他の利用者さんとうまく コミュニケーションが取れた時です。

今後のあなたの目標をお聞かせください。

就職できたので、たくさん働いて、結婚式を挙げたいです!

最後にこれから就労移行支援を利用検討されている方へ一言メッセージをお願いします。

自分が就職するうえで譲れないもの、妥協できないことを見つけたら、早くに就職へたどり着けるかもしれません。 頑張ってください!

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ