【海老名】11月に3名の就労が決まりました!  | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

【海老名】11月に3名の就労が決まりました! 

2020.12.12

皆さま、こんにちは!秋も深まり紅葉が美しい季節になりました。
アビリティーズジャスコ海老名センターです。

海老名センターでは11月に3名の方が就労されておりますが、
それぞれの就労決定までの様子を順番にご紹介していきたいと思います。

今回はその中からFさん(男性)の就労を紹介します。
このたび自動車メーカーの工場に就労され、職種は事業所内軽作業です。
Fさんは平成30年12月から通所を開始し、他者との適切な距離の保ち方や接し方などを課題目標に
訓練や実習に取り組まれました。
Fさんは優しくてよく気がつく性格。その分周囲の言動に影響を受けて疲労をためてしまうことが
ありましたが、海老名センターで様々な年齢や特性を持つ人と関わっていくことでそのコントロール法
を徐々に身につけていかれたのだと思います。
また、実習や就職活動では自分自身としっかり向き合い、努力されていた姿がとても印象的です。

当センターでは利用者さんが訓練の中で月に一回「センター通信」を作成しています。
11月号ではFさんに企業面接についての記事を作成してもらいました。最後にその文章をここで紹介
させていただきます。
【この度私は某企業への就労が決まりました。なかなか結果が出ない中で、今年に入った頃から心境に
少しずつ変化が現れました。『もっと準備しなくちゃ!!』 今までは、目につく求人に漠然とアプローチしている
感じでした。なので、受ける理由もどこかボンヤリして、当然面接でもボンヤリした対応になっていたと思います。
そこで、次のようなことを始めました。自分がやりたい事とやれる事の選り分け。自分を知ること。企業を調べる。
ホームページだけでなく、必ず実際に会社を見に行く。外観や働いている従業員、制服、設備、交通などを見て
自分がそこで働いた時のイメージをする。そして、『本当に自分は働きたいと思っているのか?』の確認を繰り返し、
繰り返し行いました。その甲斐あってか二度の面接でもハッキリと企業側に自分の意志を伝えられたと思います。】

アビリティーズジャスコ海老名センターでは、随時説明会・見学会を実施しています。
ご希望の方は、是非ご相談ください。ご連絡お待ちしております。
―――――――――――――――――――――
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150または046-244-6150)
又は、お問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
―――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ