【海老名】新たに2名の就労が決まりました | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

【海老名】新たに2名の就労が決まりました

2020.03.30

皆さま、こんにちは!
アビリティーズジャスコ海老名センターです!

昨年就労された方の声をお伝えします。

お一人目は女性のA様で、一般事務のお仕事に就労されました。業務内容は多岐にわたり、
データ入力から加湿器の水注入など様々な業務があります。
会社の方の説明によると、1年に1回しかない業務もあるそうです。

就労移行の面接訓練では、支援員4名から質問をされる面接訓練も行いました。
その練習の成果もあり、実際の面接では自らの言葉で質問に答えることができました。

現在は、戸惑いながらも少しずつ仕事を覚えている途中になります。
まだまだ身に付いていないことが多くて悩んでしまい、仕事を重く感じてしまう日もありますが、でもそこは仕事だからと気持ちを切り替えて、出勤をしています。
そのような姿勢が一緒に働く方々に対して、信頼感を与えていると感じます。

会社の方に伺うと、就職してから何よりも大切なことは、安定して出勤すること、とお話されてました。
気持ちの切り替えをどのようにするのかが、仕事をする上で必要な対処だと感じました。

 

お二人目は女性のB様で、病院の環境整備のお仕事に就労されました。
業務内容は、看護師や介護士の業務準備などです。エプロン洗濯からガーゼ切りまで様々な業務があります。
作業は立ち仕事が多く、階段で移動することが多いそうです。

初めての就職であるため、自分がどのような仕事に向いているのかを見極めるために、
企業見学に行ったり、面接会に行ったりしながら、当センターに通われていました。

初めての就職で覚えることも多かったり、不慣れな作業もあったりですが、先輩方に仕事を教わりながら少しずつ覚えている途中です。

色々と教えていただく場面が多々あります。訓練中は小さな声で応えていましたが、
仕事ではスタッフに対して大きな声で応える姿を見受けました。
仕事に就くと、その場に応じた対応が自然と身に付くものなのだと思いました。

アビリティーズジャスコ海老名センターでは、随時説明会・見学会を実施しています。
ご希望の方は、是非ご相談ください。ご連絡お待ちしております。

―――――――――――――――――――――
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150または046-244-6150)
かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
―――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ