【海老名】農業訓練「ミニトマトとエダマメの剪定と生育調査」 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【海老名】農業訓練「ミニトマトとエダマメの剪定と生育調査」

2019.06.17

アビリティーズジャスコ海老名センターです!

今回の農業訓練は「ミニトマトとエダマメの剪定と生育調査」です。
当日は夏日となり、天気に恵まれて青空の下で作業を行ないました。
少し暑く感じましたが、風が吹いており過ごしやすかったです。

まず、今回が初めての剪定作業をしました。
剪定は重要な作業で、剪定を行なわないと栄養が行き届かず、作物が小さくなってしまうからだそうです。


     【ミニトマトの剪定】

ミニトマトの剪定は主枝から横に生えている枝を取り除くのですが、どの枝を取り除けばいいのか迷うほどでした。
しかし、佐藤農園の方から「花が咲いていない枝を切り落としてください」と説明してくださり、最後まで側に付いて丁寧に教えて頂き、判断が難しい作業でしたが無事に終える事が出来ました。
ミニトマトは「マルチシートがアリ」と「マルチシートがナシ」で成長速度などの調査をして行きます。

     
     【ミニトマトの花】                【ミニトマトの生育調査】

続いて剪定をしたのが、エダマメでした。
エダマメは地面近くに生えた二枚葉を残して太い主枝を取り除く作業でした。
参加された訓練生からは「本当に切り取って良いんですか?」と不安交じりの質問があるほどでした。
今後は「剪定アリ」と「剪定ナシ」の成長を記録し、どう違いが表れるのか楽しみです。

     
     【剪定ナシのエダマメ】              【剪定アリのエダマメ】

そして訓練生からの感想です。
「比較して違いを見比べるのは、一つの事に限りませんが、とても結果が楽しみです。」
「ミニトマトの主枝を残して、他の枝を取り除く作業があり、何度も丁寧に説明をして頂いたのですが、どうしても分かりませんでした。」
「暑い中で作業を行ない大変でした。特にミニトマトの生育記録で葉枚数を数えるのが、とても大変でした。」

―――――――――――――――――――――
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150または046-244-6150)
かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせください。
―――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ