【海老名】訓練生企画・とん汁作り | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【海老名】訓練生企画・とん汁作り

2019.03.13

アビリティーズジャスコ海老名センターです。
1月19日に海老名センターでは「訓練生企画・とん汁作り」を行いました。
皆さんで行う調理は初めて、もちろん企画も初めて、調理した食べ物を訓練生と支援員が一緒に
食事を摂るのも初めて、初めてづくしの「とん汁」は…どうなったでしょうか?
当日は、国分コミュニティセンター(以下、国分コミセン)の調理室をお借りしました。

グループディスカッションで何度も話し合いを重ね、参加する訓練生で役割分担をしました。
当日は、野菜収穫班、買い物班、準備班の3グループに分かれてスタートです。
野菜収穫班は、農業訓練でお世話になっている佐藤農園に行き、大根・人参・ネギの収穫をしました。
里芋は佐藤農園さんから購入しました。
買い物班は、スーパーで豚肉・味噌など購入し、国分コミセンへ向かいます。
準備班は国分コミセン調理室にて、鍋や包丁など準備し、食材が到着するのを待つばかりです。

   

採れたて野菜を切ります      里芋はぬめりに気を付けて     豚肉も食べやすく切ります

 

届いた食材を切っていきます。性別や年齢や調理経験も関係なく、皆で協力して14名分の食材を切りました。

野菜の切れ端は後日の訓練で使うため、支援員が回収しました。

        

煮込み中                味噌投入             うどん投入

順調に調理は進んでいきましたが、なんと!味噌が足りない!という状況になり、                                                             近くのコンビニまで買いに行くという事態も発生しました。
それでも食事時間までには間に合い、佐藤農園の佐藤ご夫妻も到着し、いよいよ実食です。

        

具沢山で、おいしそう(*’▽’)          いただきます(^^)

皆で「いただきま~す」
無言…
野菜の旨みや、達成された安堵感、色々なおいしさが加味されて、にぎやかだった調理室が静まり、言葉に表せなくなりました。
大鍋2つ分を、皆がおかわりをして、完食しました。
とん汁がおいしく出来上がっただけではなく、たくさん会話をし、たくさん笑い、訓練室では得られない体験をたくさんしました。
訓練生からは、「たのしかった」「おいしかった」と、皆さんの笑顔が気持ちを表してました。
皆で「ごちそうさまでした」

―――――――――――――――――――――
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150または046-244-6150)
かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
―――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ