【武蔵境センター】SST 会話を終わらせる | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • スクラム・優先調達

お知らせ一覧

【武蔵境センター】SST 会話を終わらせる

2018.10.10

みなさま、こんにちは、【アビリティーズジャスコ 武蔵境センター】です!

9/26(水)にSST(社会生活技能訓練)を行いました。

内容は『会話を終わらせる』です。

普段の生活の中で、会話を終わらせたいけれど、

終わらせるタイミングや方法が分からずに困ってしまう場面、ありませんか?

 

そこで今回は“相手を不快にさせる事無く”会話を終わらせる方法やタイミングを身に付ける訓練です。

先ずは会話を終わらせたい場面を利用者の方から出してもらいました。

(下記画像左参照)

内容を見ると、やはり後に何かしらの用事を控えている場面が多いです。

また、『会話を終わらせる』と言うよりも、訪問販売を断る=会話を切る、と言う

場面も出ていました。

 

次に終わらせ方ですが、こちらも多く出ました。(上記画像中央参照)

そして、終わらせ方の表現には人それぞれの性格も現れました。

ハッキリとストレートに言える人、そうでない人は“相手を不快にさせない”様に身振り手振り、

嘘も方便などの様々なテクニックを使っています。

 

最後は起こりそうな場面を想定したペアになってのロールプレイ。

 

出されたセリフ(上記画像右)を組み合わせ、時と場合によって人それぞれに様々な

セリフの強弱や抑揚を作り出し、その場面を切り抜けて行きました。

訪問販売を断る場面では普段は強く断れないけれど、時には自分では無い自分を演じ、

ハッキリとストレートに断る必要がある事に気付いた方もいらっしゃいました。

 

今回の『会話を終わらせる』と言う訓練、これもコミニュケーション・スキルの一つです。

実際の場面に出会った時には使ってみましょう!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または0422-30-5682)か

お問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ