【南行徳】<就労準備訓練>面接練習を行いました! | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • スクラム・優先調達

お知らせ一覧

【南行徳】<就労準備訓練>面接練習を行いました!

2018.09.17

台風も去り、週開けの月曜日の朝一番での座学は、就労準備訓練でした。今現在、就職活動をしている利用者さんもいる中、面接に備えて面接訓練を行いました。先ず、用紙に、①自らの自宅から就業場所までの経路や所要時間、②志望動機、③勤務形態や勤務条件、④自身の長所や短所についてを記入してもらい、次に一人ずつ発表して頂きました。

面接は、採用試験で最も重要なことを把握しながら、一生懸命に試行錯誤しながら志望動機や、長所や短所などの内容についてまとめました。

 

また、企業側の理念や、企業側がどのような人材を求めているのかを考えながら、支援員と共に志望動機を考える利用者さんも多かったです。

いろいろな職種によって、志望動機はさまざまです。

利用者の皆さんは、何回も書き直しをしながら、真剣に考えていました。

 

誰でも初めて行く場所や、初めてお顔を合わす方々と面接するのは、非常に緊張しますので、まずは、ゆっくりと落ち着いて、深呼吸してから入室することをおすすめします。

 

ドアのノックは、3回です。

初めての練習では、ノックが大き過ぎる人や、小さすぎる人など、さまざまでしたが、

何度も繰り返し練習していくうちに上手くできるようになりました。

 

その後からは、ドアを開けて入室です。入室時のマナーとして、一礼をします。

面接官の支援員から「お座り下さい。」と声をかけて頂いてから座り、いよいよスタートです。

 

初めのうちは、自分が記入した用紙を見ながら、面接を受けていましたが、何回も練習していくうちに、活舌良く応答できるようになり、利用者さんは、準備が出来て良かったと、

大変喜んでいました。

初めはこわばっていた表情もほぐれ、段々と活舌良く話せるようになりました。

 

これで、企業からの急な面接の連絡が入った場合でも、常日頃、面接の練習をしておけば、慌てる必要はありません。とても充実していた面接訓練でした。

午後からの自己学習の時間には、利用者さん同士で面接の練習をし合う姿も見られ、皆で励まし合いながら頑張っています。

—————————————————————————

見学・相談・体験は随時承っております。

お電話(0120-046-150または047-711-1017)

もしくはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

—————————————————————————

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ