【南行徳】就職してもらった給料の使い道について話し合いました! | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • スクラム・優先調達

お知らせ一覧

【南行徳】就職してもらった給料の使い道について話し合いました!

2018.08.10

みなさんこんにちは!
アビリティーズジャスコ南行徳センターです。

一週間の始まりである月曜日の午前中は、グループディスカッションで始まりました。
現在、就職活動真只中の利用者さんも多い中、今回のテーマは「就職してお給料を頂いた後の使い道」について皆でディスカッションしました。
「お給料の頂いた後の使い道」と聞かれて、何を思い浮かべられるでしょうか?
きっと、利用者さんは今の生活とは違った社会人としての生活を想像して、期待に胸を膨らませていたに違いありません。

ディスカッションの中で、一人暮らしの男性の方は、所得に合わせての住居の選び方や
無理をせずに節約する方法を考え、生活費(家賃・光熱費・通信費・税金・社会保険料等)
の支払いや貯蓄として預金することを真剣に考えておられました。
利用者さんによっては、新たにやりたいことに挑戦するために、貯蓄をする、趣味や娯楽、そして旅行にも出かけてみたいと楽しみが広がります。
中には、いつもお世話になっている家族や親戚にご馳走し、感謝の気持ちを伝えたいという、心温まるお話も聞かせて頂きました。
また、女性の利用者さんは、オシャレに関心を持つ人もいて、通所している時とは違い、洋服や靴、そして、装飾品等も購入してみたいと、イラストを描いていました。

『お給料の使い道を考える』、それは今後のご自身の人生設計を考えることにも繋がるかと
思います。利用者のみなさんが、就職すること前向きにとらえ、今よりも少しでも良い
生活を出来る事を夢見て、期待を胸に、訓練に参加されている姿にとても意気込みを
感じました。

今年は例年にない酷暑が続いておりますが、就職活動真只中の皆さんは、健康管理に気を付け通所し、自分に合った就職先を見つける為に、支援員と一緒に意欲的に頑張っています。
皆さんも応援よろしくお願いいたします。

—————————————————————————
見学・相談・体験は随時承っております。
お電話(0120-046-150または047-711-1017)
もしくはお問い合わせフォームにてご連絡ください。
お気軽にお問い合わせくださいませ。
—————————————————————————

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ