【武蔵境センター】売り場実地訓練 売り場づくり 居心地のよい部屋 ④ | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【武蔵境センター】売り場実地訓練 売り場づくり 居心地のよい部屋 ④

2018.06.11

皆さま、こんにちは【アビリティーズジャスコ武蔵境センター】です。

武蔵境センターには売り場をイメージしたスペースがあります。

書籍とCDを置いています。今回の売り場づくりでは、

居心地のよい部屋をイメージしたディスプレイに、チャレンジしました。

どういうこと?不思議なディスプレイですよね。

居心地の良い部屋とは、どんなイメージでしょうか。

 

CDや書籍を販売する店舗としてのディスプレイなので、

音楽や好きな本に囲まれた癒し空間のイメージを演出しました。

レコードプレーヤー、鳥かご、ねこ、大きな額縁に入ったポスター、

小さな額縁に飾られたねこの絵、掛け時計、本、珈琲カップ、ケーキ、

窓などのオブジェを作りました。

 

今回は【珈琲カップとケーキ編】です。

IMG_1429IMG_1411

珈琲カップは段ボールの切り出しをしてから筒状に丸める為に、

カッターで5ミリ刻みの切り込みを入れていきます。

ロールケーキを作る時の裏技なんですが、これできれいな筒状に巻くことができます。

下まで切れてしまわないか、最初は、ドキドキ!な表情だった利用者さんも、

最後は上手にくるっと巻くことができました。

ロゴを入れることに、非常に苦心していたのですが、

場所も文字の大きさもしっかり決められていて、

そんな風にすべて決められた状況でこういった作業をすることは

初めてだったそうです。

BONHEURと入れていただいたのですが、フランス語でしあわせ、

というような意味です。良い+時間という言葉からできた単語ですが、

良い時間を過ごす事がしあわせ、なんて素敵ですよね。

 

IMG_1428IMG_1410

ケーキはミルフィーユを作ることにしました。

段ボールで、パイ生地に相当する部分を7枚、クリームに相当する部分を綿で6枚、

イチゴジャムに相当する部分を6枚切り出していただきました。

段ボールをなかなか苦労して切ってくださっていたのですが、

「上手にできないんですが、うまくやる方法はありますか?」と聞かれ、

うれしくなりました。なにかうまくいかないときに

こんな風にハキハキとたずねられるのは、簡単な事ではないですよね。

でもとても大切な事だと思います。

切り出したパーツを順番に重ねます。

最後はイチゴを作ります。

丸いものを作る時はアルミホイルを使います。

丸めて土台をを作り、赤い折り紙に、黒い点を書き入れてかぶせれば、

イチゴのできあがり。上に乗せるとミルフィーユの完成です。

美味しそうなケーキと珈琲を一緒に飾る予定です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または0422-30-5682)か

お問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ