【聴いているサイン送っていますか!?】 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【聴いているサイン送っていますか!?】

2022.02.26

【「聴いているサイン」送っていますか!?】

ここ数日ハローワーク仙台で行われた「合同面接会」に同席をしていた際に感じたことなのですが、「面接」というとどうしても「面接官の質問にどう答えるか」に意識が行きがちです。然し、実は「面接官の話を聴く態度」もとても大切なのです。

 

実際の面接では、面接官による質問をされるだけでなく、企業の説明や採用までの流れを説明されることもあります。その時に「聴く態度」が大変重要になります。

 

緊張のあまり「うなずき」「あいづち」がおろそかになってしまい、

面接官の話に対して、機械的に「ハイ」「ハイ」「ハイ」

と繰り返してしまっているパターンをよく見かけます。そうすると、

 

「この人はちゃんと話を聞いているのかな?」

 

と思われてしまいます。たとえ相手の話をすべて理解していたとしても、

 

 

「聴いていることを態度であらわさなければ相手に伝わらないのです。」

 

 

実際、応募者に面接の感想を聞いてみると、「緊張してそこまで気が付きませんでした」という答えが返ってくることが多いです。

然し、「緊張していても練習したことは発揮できます。反対に緊張していなくても練習していないことは本番で発揮できません。」

つまりは「緊張のせいにするのではなく、練習をすることが重要です」これは皆さんご存じのSST(社会生活技能訓練)と同じですね。

ここで話を「聴いているサイン」について確認してみましょう。

 

➀大きくうなずく

 

➁「はい」「ええ」「そうです」「さようでございます」などの相槌を入れる。

 

③面接官から評価して頂いたときは「ありがとうございます」  など。

 

このようなしぐさを練習すると印象がとても良くなります。

是非、現在アビリティーズジャスコを利用されている方は支援員にご自身の聴く態度について確認してみると良いと思います。また、これから就職をお考えの方は是非お近くのアビリティーズジャスコへ見学にいらっしゃいませんか!?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アビリティーズジャスコ仙台センターでは、見学説明・体験会を随時承っております。

お電話:0120-046-150又は022-796-5723もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご連絡下さい。皆さまのご連絡をお待ちしております!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ