【仙台センター】築城大作戦!考え抜く力を使ってチームで競争しました。 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【仙台センター】築城大作戦!考え抜く力を使ってチームで競争しました。

2022.01.14

今日は、社会人基礎力の「考え抜く力」の確認とワークを行いました。

参考:経済産業省「考え抜く力」

「考え抜く力」は「 なぜ? 」を繰り返しながら課題を見つけ、それに向かって計画を立て、方法を編み出し、解決していく力の事です。

例えば

1.なぜ、体調がすぐれないのか? →寝不足であるから。

2.なぜ、寝不足であるのか? →残業のせいで、ストレスを感じているから。

3.なぜ、残業が続いているのか? →自分の仕事の量が多く、終業時間に仕事が片付かないから。

4.なぜ、仕事が多くなってしまうのか? →仕事を周囲の人に振ることが苦手で、仕事をため込んでしまっているから。

この場合、もし「『何が』いけないのか?」と考えると、寝不足という原因追及で終わってしまうでしょう。そのため、一日だけ早めに睡眠をとったとしても、本当の原因を解決したとは言えないのです。

今回のワークは、築城。12個のコップと12枚の皿をすべて重ねるのが目標、でも現実は…

直ぐに崩れてしまうのは何故?  慎重さが足りないのは何故?  慎重すぎたのは何故?  重心がずれてしまうのは何故?  作業しにくかったのは何故? 等など…

何故を繰り返しながら課題を発見し、締め切りや優先順位を確認し、みんなでアイディアを出し合いながらワークに取り組みました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アビリティーズジャスコ仙台センターでは、

お問い合わせ・資料請求・見学・体験を随時承っております。

お電話 0120-046-150 または 022-796-5723もしくは

お問い合わせフォームにてお気軽にご連絡下さい。

皆さまのご連絡をお待ちしております!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ