【木更津】傾聴をテーマにSSTを行いました | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【木更津】傾聴をテーマにSSTを行いました

2021.10.20

みなさんこんにちは

アビリティーズジャスコ木更津センターです。

 

先日のSSTは“傾聴”というテーマで進めてまいりました。

 

『傾聴』とは

話し手が気持ちよく話ができるように受け止める

コミュニケーションスキルです。

 

ただ「聞く」だけでなく相手を観察しながら

相手が何を感じているのかを読み取ること、

相手の気持ちに寄り添うことができて

はじめて「傾聴」になるのかなと思います。

 

コミュニケーションスキルというと話す方に目が行きがちですが

非常に大切なこの「傾聴スキル」について考えていただきました。

 

まずはバッドモデルのケーススタディーで

問題点の洗い出しと改善点を皆さんで話しあっていだきます。

============================

【テーマ】『この間、友達とケンカしちゃった…。』

【相手の気持ち】悲しい気持ちを共有して欲しい

 

話し手:この間、友達とケンカしちゃったの…。

聞き手:へぇ、そうなの。まあ、よくある事じゃない。

私なんかこの前、約束すっぽかした

友達と大ゲンカしちゃったよ~。

まあ、結局カラオケ行って仲直りしたけどね~。

話し手:へぇ…。そうなの…。

=============================

利用者さんからは

・聞き手が話し手の聞いて欲しいという気持ちを汲み取れていない。

・聞き手が自分の話をして、話し手の話を取ってしまっている。

・話し手もアドバイスではなく「ねえ、聞いて」と聴いて欲しい旨を

伝えてもよかったのでは。

など様々な角度から意見が上がり

それを踏まえたうえで、グッドモデルを考えていただきました。

 

頭を悩ませている方もいらっしゃいましたが

訓練に参加する中で、相手に「話しやすい」「この人ともっと話がしたい」

と思われるような、傾聴のポイントを身をもって感じていただけたら幸いです。

 

ご興味のある方は一度見学にお越しください。

 

==================================

お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または0438-97-7781)

かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

==================================

 

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ