【海老名】事務系軽作業訓練 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【海老名】事務系軽作業訓練

2021.10.19

みなさんこんにちは!アビリティーズジャスコ海老名センターです。

今回は海老名センターの作業系訓練プログラム「事務系軽作業訓練」をご紹介します。

 

このプログラムは職場という場を作り、職場で依頼される業務をいくつか担当し、

報連相を含めてその作業を体験するものです。

事務オフィス、工場、売り場、店舗バックヤード…どこでも頼まれる可能性がある

比較的単純な業務ですが、支援員が指示役となり、その作業の用途と作業方法を

簡単に説明して開始します。

 
 

              簡単な説明で理解できない場合は「更にわからないことを質問する」

              「見本をもらう」。

              時間内に終わりそうもないと感じた時には「途中経過を報告し、相談する」。

              作業が終了した時には「終了したことを口頭で伝える」「報告書で伝える」。

              など職場での作業の進め方の例をお伝えしながら進めていきます。

 

支持者役の支援員の手がふさがっている時にはどう質問する?

長く別の人と話している時には待つの?

共通で使う備品は誰が用意するの?

終了後の片付け方は? 失敗した時にはどんな伝え方で報告すればいいの?

取組んでみると毎回色々な場面に出会います。

 

             毎回訓練の感想を記入してもらっていますので、少しご紹介しましょう。

             ・コミュニケーションは緊張感がありつつ、作業はとても楽しい。

             ・以外にやってみるとハマってしまった。 ・好きで、上手くできる作業がある。

             ・報告の方法をいくつか覚えてきた。 ・皆が報告しているのを真似して自分も言えた。

             ・単純作業は夢中になりすぎるから気を付けたい。

             ・カッターはケガしないようにと慎重にやりすぎて前回すごく時間がかかってしまった

             けど、今回はいいやり方を見つけたから多く切れて嬉しかった。

 

 

支援員も毎回みなさんの調子がキャッチできること、習慣で慣れていかれる様子などに直接寄り添うことができて

楽しい訓練プログラムだと感じております。ご興味のある方はぜひ一度訓練の様子を見学にいらしてください。

体験参加も大歓迎です。お待ちしております!!

 

 

―――――――――――――――――――――
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150または046-244-6150)
又は、お問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
―――――――――――――――――――――

 

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ