【立川センター】基礎能力検査~SPI~ | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【立川センター】基礎能力検査~SPI~

2021.09.02

みなさま、こんにちは。

アビリティーズジャスコ立川センターでございます。

 

本日は、立川センターから毎月発行されている

「アビリティーズジャスコ通信」

に掲載されたご利用者様の記事についてお伝えいたします。

 

            基礎能力検査について

 

「私は都内の市役所の事務職に応募するにあたって

○○月○○日に都心部でSPIという基礎能力検査を受けました。

基礎能力検査を受けるのは人生で初めてでしたので、何をどのように

勉強すればよいか悩んでいたところを支援員の方に色々教えて頂き

2週間ほど勉強できる時間がありました。(中略)私は電車やバスなどの

公共交通機関を利用することが昔から苦手なので少し不安でしたが

アビリティーズジャスコに半年ほど電車で通所している効果が出たのか

途中下車をすることも無くスムーズに会場まで辿り着けました。

試験の結果はまだ分かりませんが、今回の経験を次回以降に活かして

頑張って行こうと思います。」

(掲載に当たってはご利用者様のご了解を頂いております)

今回ご紹介させて頂いたご利用者様が受験された「SPI試験」について簡単にご説明いたします。

SPI適性検査とは

就職活動で用いられる適性検査の一つであり

今回は専用会場で性格検査・基礎能力検査(言語、非言語)

等の試験が実施されました。

 

通常、各地方団体からの事務職等の募集は

「会計年度任用職員」

が多いのに対し、今回は

「事務職・初級」

での、求人でございました。

ハローワークの職員の方からも多くの情報が提供されました。

地方公務員法に則った募集であり、年齢制限もございました。

 

ご本人様と支援員の間で検討を重ね、ご利用者様の

「チャレンジしてみたいです。この経験は絶対無駄になりません」

という強い信念のもと応募する事となりました。

 

応募に関しても全てがWEB申請であり

初めての経験でございましたが

ご利用者様の意欲は半端ではありませんでした。

今回のSPI基礎能力検査は「お茶の水」で実施されました。

殆どをご利用者様お一人で準備され、お一人で試験に行かれました。

 

支援員が全てにおいて、お手伝いするのではなく

ご利用者様が自らの能力を、自らの力で見つけていく事も大切です。

今回のSPI受験も、自己肯定感を高める一助となりました。

 

アビリティーズジャスコ立川センターでは

皆様の能力を最大限に引き出すことに全力を注いでおります。

 

「安心して・安定した環境で・永く働ける」

それがアビリティーズジャスコ立川センターの願いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お問い合わせは随時承っております。

お電話(042-512-9907)かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ