【稲毛海岸】ビジネススキル(応用編)~接客対応訓練~ | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【稲毛海岸】ビジネススキル(応用編)~接客対応訓練~

2021.07.06

こんにちは

稲毛海岸センターです。

 

関東地方にも「つゆ入り」が発表され

傘が手放せない日々が続いております。

体調など崩されておりませんか?

 

さて、稲毛海岸センターでは、ビジネススキル訓練で「接客応対」を行いました。

 

 

まずはVR emouの動画を3つ、プロジェクターで投影させ見て頂きました。

 

本来ならば、臨場感あるVRゴーグルを使用しての訓練を予定しておりましたが、

コロナウィルス感染予防の為、VRゴーグルを使用せずに訓練を行いました。

 

動画の内容は、レジ対応をお客様目線で見て頂く内容となっております。

それぞれ、〇悪い例 〇元気すぎる例 〇良い例と3つのパターンの動画を見て、

 

・目線・声のトーン・表情・所作・態度はどうだったか?

・相手に与える印象は何によって決まるか?

・気持ち良い接客とは何か?

・元気過ぎても元気がなさ過ぎても良くないことを理解し「ほどよさ」について考える。

 

上記について考えて頂きました。

 

各動画に対してのご感想は

・悪い例を見て

「目線・声のトーンなどすべてが最低で、二度と来店したくない。」

「所作に関しては、お釣りを渡すときや品物を渡すときに

片手で対応していたので、腹が立った。」

・元気すぎる例を見て

「目線や声のトーンに力が入りすぎの為、こちらが疲れてしまう。」

「新人さんにありがちな接客態度で、疲れてしまうのでは?」

・良い例を見て

「丁寧に対応して、また来店したくなった。」

「落ち着いており、ベテラン感が出ていた。」

 

など、たくさんのご感想をいただきました。

接客応対訓練でしたが、普段の会話でも共通することがあったのではないでしょうか?

目線や声のトーン・表情など、相手を不愉快にしない対応が大事ですよね。

 

当センターには、VRによる「面接訓練」「休憩時間の会話」「職業体験」などの

プログラムがございます。

現在は、コロナ感染防止の為、1日3名様だけの利用となっておりますので、

ご体験などのご希望がございましたら、ご連絡お待ちしております。

 

稲毛海岸センターでは、様々な訓練を行っております。

興味を持たれた方は是非お問い合わせください。

お待ちしております。

 

——————————————————————————————————–
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150)かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
——————————————————————————————————–

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ