【立川センター】面接訓練 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【立川センター】面接訓練

2021.05.04

みなさま、こんにちは。

アビリティーズジャスコ立川センターでございます。

 

本日は面接訓練についてお伝えいたします。

就労するには避けては通れないのが「面接」ですね!

「緊張するな」と言ったところで、そんなことはムリムリですよね。

だって、初対面の人と話さなくてはいけないんですから。

 

今日は面接官が常に見ている皆さんの

「体の動き」「表情」「目の動き」について確認いたしました。

 

人には気持ちが現れる多くのポイントがあります。

 

① 姿勢

② 視線

③ 呼吸

④ 筋肉のこわばり

⑤ 声のテンポ・トーン

⑥ 手足の動き

その他 ETC

 

表情だけに意識が向きがちですが、ほかのところを観察することで「ホンネ」が表れます。

その中でも「目の動き」には「ホンネ」が顕著に表れると言われています。

 

視線が何処を見ているのか?

 

【左上】過去の映像を思い出している。(実際に見たことを正直に言っている)

【右上】映像を想像している(噓を言っていることが多い)

 

他にも、心理学的・疫学的統計により判明している事はたくさんあります。

(上記は飽くまでも一般的な意見の一部です。全てに当てはまるわけではありません。)

面接官に良からぬ先入観を持たれても困ります。

「真っ直ぐ正面を向いて面接官の顔を正面から見る事が肝要です」

「面接官の目を見る」事は中々難しいです。

そんな時は面接官の「眉間」「のどぼとけ」辺りを見るようにいたしましょう。

 

ハキハキと、決して自分を飾らず、落ち着いて元気よく!が大切です。

 

訓練を重ねることで出来るようになってきます。

 

「安心して・安定した環境で・永く働ける」

それがアビリティーズジャスコ立川センターの願いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お問い合わせは随時承っております。

お電話(042-512-9907)かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ