【立川センター】しごと分析 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【立川センター】しごと分析

2020.12.17

みなさんこんにちは、アビリティーズジャスコ立川センターです。

 

しかし、この新型コロナウィルスってのは厄介な代物ですね。

コロナウイルスは目に見えないのに、感染者数は目に見えて増加してます。

こんな時こそ全世界が、そしてイオングループ全体が

「oneTEAM」で対処しなくてはいけませんね!

 

立川センターでは毎月毎月、お一人様のペースで就労が決まっております。

周りのご利用者様には良い刺激となっています。

しかし「焦り」は禁物です。「焦り」が最終的に良い結果を生むことはありません。

 

本日は立川センターの「しごと分析」の訓練の中で

ちょっと変わった仕事について、皆様にご紹介いたしました。

 

11月中旬、立川センターご利用者様が企業説明会にご参加され

同行した立川センター支援員からの報告をまとめて抜粋したものです。

 

【物流センター 構内作業】についてです。

 

 

◎段ボール潰し業務

◆物流で不要となった段ボールのつぶし作業

◆カゴ車への積載並びに回収場所への運びだし

◆休憩室の清掃(エアコン清掃・テーブル拭き・床清掃等)

積み上げられた段ボール

 

◎トレー回収業務

◆色分けトレーの回収

◆色分けしたトレーをカゴ車、キャリーに積載準備

◎オリコン仕分け積載業務

◆回収作業並びに仕分け

◆仕分け後の運び出し作業

◎ドライアイス包み業務

◆保冷の為のドライアイス梱包作業

 

物流センター構内は縦横、直線距離で100m以上あり

物凄く多くの人たちが働いていらっしゃいます。

 

障がいをお持ちの方を直接支援していらっしゃるリーダーと呼ばれる方から直接お話を伺いました。

以下は質疑応答の一部です。

 

《質問》

毎日の就労時間は何時間ですか?

(アンサー)

フルタイム8時間勤務が原則です。(精神の方は6.5時間からスタートでも構わない)

 

《質問》

段ボール潰しにカッターは使いますか

(アンサー)

安全に配慮して、カッターを使用する事はありません。全て手作業です。

 

《質問》

お昼ごはん、休憩等は一般の方と同じ部屋ですか?

(アンサー)

一般の方は休憩室と呼ばれる大きな部屋ですが、障がいをお持ちの方には別の部屋を用意しています。

 

《質問》

こんな広い構内で報・連・相は、どのような手段で行いますか?

(アンサー)

基本的には皆さんにトランシーバーを所持して頂きます。

 

色々な質問が飛び交いました。

決して難しい作業が多い訳ではありません。

リーダーが近くにいて必ず的確な指示を出してくれます。

それを考えると、やはり最終的には

 

「生活リズムがしっかり取れており

時間が守れて、挨拶が出来、報・連・相がしっかりできる事」

 

本当に基本的な事ですが、基本的な事だからこそ決して疎かにしてはいけないのです。

 

立川センターでは基本的な事が疎かにならないように

支援員一同、全身全霊でご支援申し上げております。

 

「安心して・安定した環境で・永く働ける」

それが、アビリティーズジャスコ立川センターの願いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お問い合わせは随時承っております。

お電話(042-512-9907)かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ