【海老名】パソコン訓練「Wordの入力設定」 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【海老名】パソコン訓練「Wordの入力設定」

2020.12.15

アビリティーズジャスコ海老名センターです!
この日の訓練内容は、パソコン訓練の基礎学習の第一回に戻って「Wordの入力設定」を行ないました。

パソコンには初期設定の“ローマ字入力”と“かな入力”の二種類がある事を伝えました。
訓練では<かえで>と入力してもらい、設定方法と入力の違いを体験してもらいました。
実際の職場で“かな入力”を使っている人が働いていた場面では自分で設定変更しなければならない場合がある事を説明しました。

また、パソコンには初期設定の“ひらがな”の他に“カタカナ”と“英数字”があり、全角と半角の種類がある事を知って貰いました。
設定操作には幾つかありますが、F(ファンクション)キーを使って変更で、F7は全角カタカナ、F8が全角英数字など実際に
一緒に操作をして確認をしながら訓練を進めました。

他にも入力を効率化する自分専用の単語登録である「ユーザー辞書ツールの機能」や漢字の読みが解らない場合にマウス操作で文字を書いて文字を探す「IMEパッド機能」なども懸命に学ばれていました。
今回の訓練は約4か月振りでしたので、「忘れた」と最初は言っていましたが訓練が進むにつれて思い出す訓練生もいました。技能には個人差がありますが復習を繰り返しながら進めて行く事が大切であると改めて感じました。また、今回の訓練では他人から教えて貰うだけではなく「ナゼこの機能を学ぶのか」と質問を投げかけ考える事で意味や知識を深めて貰えればと思い、「振返る時間」を設けました。
次回のWord訓練内容は「レイアウト」を行なう予定です。

【訓練生からの感想】
「初めての参加と言う事もあり、解らない事ばかりですが、訓練を重ねて覚えたいと思います。」
「かな入力とローマ字入力の入力モードの切り替え操作方法が勉強になりました。」
「基礎を忘れている点があり、うろ覚えの操作もあったので、忘れずに覚えて行きたいと思います。」

―――――――――――――――――――――――――
お問い合わせは随時承っております。
お電話( 0120-046-150 または 046-244-6150 )

または、お問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、
お気軽にお問い合わせください。
なお、平日の他に土曜日(午前)と祝日も開所をしております。
―――――――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ