【鏡石】SST『報告をする』 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【鏡石】SST『報告をする』

2020.06.22

皆さま、こんにちは!

アビリティーズジャスコ鏡石センターです!

先日のSSTでは「報告する」をテーマに練習を行いました。

社会に出てからは報連相が大事とよく聞くと思います。

今回は、同じ報告でも「悩んでいるのに報告出来ない場合」「報告内容がまとまっていない場合」「作業終了報告を行わなかった場合」の3つに分けて、どのようにすればより良くなるかを皆さんで考えて頂き、その後で改善点を踏まえてロールプレイを行いました。

『分からない事があったらすぐに聞く』『相手の状況を確認する』『手短に報告する』『自分で伝えたい事をまとめてから伝える』『作業が終わったらすぐ伝えに行く』などの意見が皆さんから上がりました。

どれも当たり前と思うかもしれませんが、とても大事な事です。

今後就職した先で実際に報告をする場面があれば、ぜひこれらのポイントを意識して頂きたいと思います。

——————————————————————–

お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または0248-94-2451)

お問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

——————————————————————–

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ