【鏡石】長所と短所の伝え方 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【鏡石】長所と短所の伝え方

2020.02.13

皆さま、こんにちは!

アビリティーズジャスコ鏡石センターです!

 

先日の面接訓練では、模擬面接と併せて、面接での長所と短所の伝え方について考えていきました。

面接で訊かれやすい質問の1つではありますが、自分の長所と短所がすぐに言えるという方は少ないのではないでしょうか。

利用者さんの中には、短所はたくさん思い浮かぶけれど長所が自分では分からない…なんて方もいらっしゃいました。

 

今回は長所と短所を改めて考えてみるとともに、短所をいかにプラスな印象で伝えるか、という練習をしていきました。

例えば「消極的」という短所は、言い換えれば「控えめ、謙虚」という言い方も出来ます。

また、「短所をなくすためにこんな努力をしています」というような伝え方が出来れば、前向きに聞こえますよね。

ちょっとした工夫で、印象は変わります!

面接の場では、なるべくプラスな伝え方が出来るよう、十分な準備をしていきたいですね。

——————————————————————–

お問い合わせは随時承っております。

お電話(0120-046-150または0248-94-2451)

お問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

——————————————————————–

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ