【立川センター】SSTを行いました | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【立川センター】SSTを行いました

2018.12.04

みなさん、こんにちは。

アビリティーズジャスコ立川センターです。

 

日々の訓練の中で指示が出たとき、指示通り出来なかった時はどうしていますか?

今回のSSTでは、テーマを「指示通り出来なかったとき」として、

① 自分で気づいたとき

② 指摘されたとき

の2パターンで考えてみました。

 

  • 自分で気づいたときは、

・手を止める

・再度教えてもらう

・再メモを取る

・お礼を言う

・やる気を見せる

  • 指摘されたときは、

・手を止める

・謝罪する

・どこが違うか聞く

・どうしたらいいか聞く

・メモと復唱

・お礼を言う

などの意見が出たので、これを実際ロープレして覚えていきました。

動作に伴い言う言葉、例えば①再度教えてもらう時、「お時間よろしいでしょうか」

を言うともっと良くなる、などの意見を聞きながら、進めていきました。

 

何気ない場面ですが、就労後に必ず出てくるシチュエーションだと思います。

一つ一つ身に付け、不安を無くしながら就労へ行けるよう訓練していきたいと

思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お問い合わせは随時承っております。

お電話(042-512-9907)かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

見学・体験も随時承っておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ