【田町】履歴書で困ったら…。 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • スクラム・優先調達

お知らせ一覧

【田町】履歴書で困ったら…。

2018.02.06

こんにちは。アビリティーズジャスコ田町センターです。

今回は、「KJ法」を活用した履歴書の自己PRや志望動機の書き方をご紹介いたします。

KJ 法とは、付箋など小さなカードに思いついたことを書き、それをグループ化していくことで頭の中にある思考をまとめ上げていく手法のことです。考案者である川喜田二郎さんという方のイニシャルをとって、KJ 法と名づけられました。KJ法は主に、グループディスカッションなどで用いられる手法ですが、これを履歴書に応用したものが今回ご紹介する方法です。

例)志望動機

①その仕事に就きたい理由、その会社に就職したい理由を「資格の活用」「勤務時間」等、タイトルを挙げる。

②そのタイトルの下にエピソードや理由を別の色で記入する。

③書いた付箋をつなげて接続詞をつける。

④一つの文章にする。

これだけで、バラバラに存在する自分の志望動機が一つの文章になります。

KJ法

さらなるポイントは、①の作業の時に多くの企業と業界の良い所、勤めたい理由を挙げるために、求人票やホームページからの情報、場合によっては現場を見学するなど、あらゆるものを活用する事で、より内容のある志望動機になるかと思います。

この訓練を受けた利用者様からは「これまでのやり方より履歴書作りがやりやすい感じがした。」「自分の長所・短所が改めて発見できた。」「自分探しの旅のようだ」「いままでこんなに深く履歴書を作成してこなかった。」等の感想をいただきました。

当センターでは、就労に向けた様々な訓練を行っております。ご興味のある方は、ぜひ当センターまでご連絡下さい。

————————————————————————————————————————

アビリティーズジャスコ田町センターでは、

お問い合わせ・資料請求・見学・体験を随時承っております。

お電話(0120-046-150 または 03-6435-1585)

または

お問い合わせフォームにてお気軽にご連絡下さい。

皆さまのご連絡をお待ちしております!

————————————————————————————————————————

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ