【海老名】SST「上手に挨拶をする」 | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • スクラム・優先調達

お知らせ一覧

【海老名】SST「上手に挨拶をする」

2018.01.18

皆さま、こんにちは!
アビリティーズジャスコ海老名センターです。

今回は「上手に挨拶をする」というテーマでSSTを行いました。

よく「挨拶は大切!」と言われますが、なぜ大切なのでしょうか?
「挨」は心を開く、「拶」は相手に近づくという意味があります。
つまり、挨拶とは「心を開いて相手に近づく」という意味なります。
それが上手になれば、相手との距離も縮まりますよね!

例えば、あなたは友達の家へ遊びに行くとします。その場合、どこから家に入るでしょうか?
多くの方は「ドアから」と答えられると思います。
家が「相手の心」だとすると、ドアは「相手とのコミュニケーションの入り口」となります。
その時、挨拶は「心のドアを開く鍵」となるため、大切と言われているのです。

SST挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、上手な挨拶とはどのようなものでしょうか?

「上手」=「心を開く」と考え、利用者の皆さんに「どんな時、相手が心を開いてくれていると感じるか」
をお聞きし、その項目を意識してロールプレイを行いました。

皆さんからは「目を合わせて挨拶をされると、受け入れてくれている気がする」「相手が笑顔だとこっちも
自然と笑顔になる」などの感想をいただきました。

返す側も笑顔だと、お互い気持ちいいですよね!
挨拶は毎日行う事ですので、利用者の皆さんには明日からぜひ意識して行っていただければと思います。

―――――――――――――――――――――
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150または046-244-6150)
かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
―――――――――――――――――――――

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ