【稲毛海岸】 12月も6名の就労が決定し、今年度21名となりました! | 障がい者の就労移行支援サービスはアビリティーズジャスコ(宮城・秋田・福島・千葉・神奈川・東京)

フリーダイヤル:0120-046-150 携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 優先調達推進法(書籍)

お知らせ一覧

【稲毛海岸】 12月も6名の就労が決定し、今年度21名となりました!

2018.01.10

皆様、こんにちは!
アビリティーズジャスコ稲毛海岸センターです!
新たな年を迎え、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

12月に稲毛海岸センターから就労が決定された方は6名となりましたので、
ご報告させていただきます。
なお、今年度4月からは累計21名の方が就労されていらっしゃいます!

👩 この方は一昨年の11月から通所を開始され、ハローワーク・医療機関との
共同プロジェクト「精神障害者就職実現サポートプロジェクト(以下、就サポ)」の
第1クールに参加された女性の方です。
当初は週3日の通所でしたが、徐々に日数を増やし、昨年の6月からは週5日の通所と
なっていました。
稲毛海岸センターで説明会を行ったベーカリーを運営する企業さまの実習に参加され、
その後の応募で就労が決まりました。
通所日数の増加が就労に結びついた好例です。

👨 この方も就サポ第1クールに参加された男性の方です。
就サポの第1クールは5~7月が講義訓練期間で8~10月は就職活動期間でした。
その後も就職活動を継続され、経験のある介護のお仕事に就かれることが決定しました。
粘り強く就職活動を行い希望のお仕事に就くことができた例です。

👨 この方は、昨年の2月の通所開始より週4日の通所をされていた男性の方です。
昨年の6月にある企業さまの実習に参加され、是非とも入社してほしいという嬉しい評価を
いただいたのですが、4月に見学された企業さまへの思い入れから、10月までその企業さま
の実習を待つこととなりました。
実習後は、すぐに応募され、書類選考、1次面接、2次面接と1か月以上の長い採用活動を
経て採用いただく運びとなりました。
実は、8月に稲毛海岸センターからこちらの企業さまに採用いただいている方が2名いらっ
しゃいます。先輩がいることで安心して働いていただけるよう願っています。

👨  この方は昨年4月から通所を開始され、就サポ第2クールに参加された男性の
方です。

稲毛海岸センターで説明会を行ったベーカリーを運営する企業さまの実習参加され、直後の
応募で就労が決まりました。
実習に参加しご自分に合った職場環境だと思われたのが決め手だと思われます。
見学や実習に参加され、ご自身の適性を体験から判断されることはとても大切です。

👩 この方は一昨年の12月より通所を開始され、当初から週5日通所されていらっ
しゃる女性の方です。
その後、お父さまの介護等のストレスを克服し、就サポ第2クールにも参加され、服飾等の
リフォームを行う企業さまの見学・実習に参加され就労を決められました。
もともと訓練校洋裁科の卒業のため、適職を見つけられました。長く働きたいというご希望に
添えるよう、しっかり支援させていただきたいと思っています。

👨 この方は一昨年の8月より通所を開始されましたが、当初は1日通所すると翌日は
通所できなくなってしまうくらい疲れてしまった男性の方です。しかし1か月程で生活リズムを
整え、それ以降は皆勤賞的な通所で、他の利用者さまの鑑となる存在でした。
しかし、希望職種を絞られていたこともあり、なかなか希望のお仕事に巡り合えない状態が
続いていました。
そのような中、昨年末に参加した企業見学および実習で職場の雰囲気を気に入られて応募。
見事、採用いただく運びとなりました。

就労された後の定着支援も宜しくお願いいたします。
訓練やイベントの詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
———————————————————————————————————
お問い合わせは随時承っております。
お電話(0120-046-150)かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
見学・体験も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
———————————————————————————————————

  • 利用者の声
  • ご利用について
  • メールでのお問い合わせ

アビリティーズジャスコの就労移行支援サービス

フリーダイヤル:0120-046-150

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ